Our favourites

Featured

希望荘

希望荘

by 宮部 みゆき

今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、愛娘とも別れ、仕事も失い、東京都北区に私立探偵事務所を開設する。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調べてほしいという依頼が舞い込む。依頼人によれば、父親は妻の不倫による離婚後、息子との再会までに30年の空白があったという。はたして本当に人殺しはあったのか――。 表題作の「希望荘」をはじめ計4篇を収録。新たなスタートを切った2011年の3.11前後の杉村三郎を描くシリーズ最新作。 『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く人気シリーズ第4弾。

Read review →
アレグロ・ラガッツァ

アレグロ・ラガッツァ

by あさの あつこ

吹奏楽はもうやらない、と決めてたはずなのに――。 自分から手をのばせば、世界はこんなにも弾けてる。 「バッテリー」に並ぶきらめく青春小説、誕生! 女子高生の揺れ動く気持ちをていねいに描いた、長編ストーリー。 あらすじ:入学式の朝、”高校では吹奏楽部にはもう入らない”と相野美由は心に決めていた。 しかし大人びた久樹さんや人懐っこい菰池くんとの出会いがその気持ちを徐々に変えていき……。 新しい世界の扉を開けたばかりの16歳のゆれる胸の内を、にぎやかに、キュートに描く。 元気の出る青春小説。

Read review →
勞燕

勞燕

by 張翎

「假若沒有那場戰爭,這個叫姚歸燕的女孩子,會慢慢地長大,長成一個美麗的女子──我已經從她的眉眼裡看出了端倪。可是戰爭的手一抹,就抹亂了世間萬物的自然生長過程。我們都沒時間了,我沒時間逐漸生長愛情,她沒時間悠悠地長成大人。」本書以三個亡魂追憶往事的方式講述了一個女人坎坷的一生,戰爭把三名男子帶到她的身邊,而和平偏偏又使人分離,徒留遺恨。張翎以亡靈的訴說,呈現戰爭的凶殘與無情,也通過被戰火摧毀最為嚴重的女主角的成長與成熟,讓我們看到人在面臨災難更迭、命運絕境、黑暗與傷害時,如何迸發出善良的能量與溫暖的同情心,足以照亮千瘡百孔的人生。

Read review →
娃娃谷

娃娃谷

by 賈桂琳.蘇珊

小安是來自保守新英格蘭的冰山美人,她對性冷感,自視甚高,追求理想中的愛情,卻陷入花花公子的玩弄之中;妮莉從率直可愛的少女,變成魔鬼般的巨星;珍妮佛有著人人垂涎的身體,她將自已奉獻給世人,直到最後⋯⋯她們是好萊塢打造的完美產品,是這世界對金錢、權力、欲望的最佳代言。她們揮別了正在式微的廣播,走過正要下滑的電影,進入風起雲湧的電視產業──站在一切事物的浪頭,攀上頂點,卻覺得空氣稀薄。等著她們的只有瘋狂、錯亂,以及「娃娃」組成的深淵。

Read review →